窓際のインテリアであるカーテン選びのポイントとは?

カーテンはさまざまな種類があり、いざ選ぼうと思ってもどんな所に着目して選んでいいものか、非常に悩むものとなっています。そんなカーテン選びのポイントや、またカーテンを使用することで得られるメリットデメリットについてご紹介いたします。

カーテンはどんなところで選ぶべき?

カーテンを選ぶ際のポイント

カーテンを購入するときは非常に悩むもので、結局どんなものを購入したらいいのかなどわかりにくくなってしまいます。
素材も加工も色柄も豊富なカーテン、そんなカーテン選びで押さえておきたいポイントについてご紹介いたします。

まずは加工、これによって遮光性や遮音性、断熱、UVカットなどの効果が得られます。
こうした加工をされているカーテン、全て取り入れるのではなく適材適所でとりいれるのがおすすめです。
一番あって困らないのは遮光性、光を取り入れたいリビングに使うときは合わないかもしれませんが、可能であればレースカーテンも併用することで目隠ししながら光をとりいれることが可能となっており、普段は遮光カーテンの部分を巻いておき、外出や夜間は遮光の部分も締めておくなど、さまざまな活用方法があります。

遮音性

遮音性はいまテレワークをしている人も多いので、そんな方にとっても嬉しい加工となっています。
生活音が気になるなかでのテレワークが難しい人もおり、いきなり防音室を作るなんてことも不可能、そんな時に助かるのがこうした遮音性のあるカーテンです。

遮光性

太陽光はできれば健康の為に取り込んでおきたいところですが、遮光性も一緒に取り入れることもできますので、より集中できる環境を作るのに向いています。
また寝室のカーテンにも向いているのでよく利用されています。

UVカット

UVカットは普段よくいるお部屋に付けておきたいカーテンの加工、同時に断熱性も取り入れておくのをおすすめいたします。
年々強くなっていく紫外線から体を守るためにも近年UVカットコーティングがされたカーテンはよく売れるようになっています。


カーテン選びはさまざまな理由がありますが、使用する部屋によって欲しい加工は少々違ってくるものです。
生活環境によりますので一概にこうとは言えませんが、「実際住んでいてこんな加工がされていると助かる」などの希望は自ずと見えてくるものです。
普段の生活を考えながらカーテン選び、機能性も選ぶ場合は必要な加工を重視してえらぶのをおすすめいたします。
生活する環境によってカーテンの使い分けはしておいた方が、より住みやすい環境を作る事ができるようになっています。
インテリアとしての面が多くなりがちなカーテンですが、実際は実用性の高い機能性重視の部分が非常に多いものです。
そこにプラスするように秀逸なデザインが加わり、インテリアとしても活用できるものとなっています。
いま家でいる時間が多い分、より家の中を快適に作っていく、そんな動きが見受けられます。
さまざまな家具の流通がされており、机やソファなども人気ですが同様にカーテンも需要が高まっているのです。
カーテンで得られる実用性と、インテリアの雰囲気をガラリと変える存在感はお部屋作りに欠かせないもの、おうち時間をより快適にするためにもしっかりカーテン選びのポイントは押さえておきたいところです。

窓にあわせたカーテン選びを

窓にあったカーテン

窓際のインテリアとして必要とされているカーテン、実用性もインテリアにも大事な要素が沢山含まれているカーテンを選ぶ時、取り付ける窓にあわせたものを選択する必要があります。
まどの種類とサイズに合わせてカーテン選びをしておかなければ妙に余ってしまったり、かえって短すぎてしまうこともあるのでしっかり窓のタイプにあわせたものを購入するのをおすすめいたします。

掃き出し窓

掃き出し窓はベランダや縁側、お庭に出るためにつづく出入り口のような窓です。
戸建ては勿論ですが、ワンルームの場合この掃き出し窓以外の窓は無い場合も多く、カーテンもこの掃き出し窓にあわせたサイズが非常に多くなっています。
そんな掃き出し窓、出入りを考えての設計でもあるのでカーテンも勿論大きいものとなります。
とくにワンルームの場合一段と存在感が出るカーテン、よりおしゃれで機能的なものを購入しておきたいものです。
遮光性や遮音性をしっかり守ってレースカーテンでの目隠しも必須、インテリアの主役として選ぶ時はこだわっておきたいところです。

腰窓

腰窓は戸建てでは一番多い窓となっています。
同じ窓が複数個ある一戸建てもある、腰位の高さまでのものとなっています。
そのため敢えて統一感を出すためにも全部おなじカーテンにしてみるのもおすすめで、インテリアの主役にすることもできます。
またこうしたカーテンは基本腰窓サイズのものを使用されているかもしれませんが、空調をより保つためにも床までの長さにしておくこともおすすめです。
少々馴染みがないかもしれませんがそれは海外ではよくあるカーテン選び、室内のインテリアもこれをきっかけに海外風のおしゃれなものに変えていくのもおすすめとなっています。

出窓

出窓はカーテンレールをつけるところによって変わる部分が多くなっており、ガラスにそってつけるスタイルカーテンと、部屋側に遮光性などを満たしたカーテンをつけるなど、目隠しの役割と遮光性、遮音性の役割のカーテンの距離を少し離している場合が多いです。
少しカーテン選びの難易度があがるように感じますが、工夫次第でインテリアをより細かくしていけますので、それはそれで楽しみがある、そんなカーテンとなっています。

小窓やその他

次に小窓やその他はもうカーテンレールをつける、といったことはせずに簡単なカーテンをつける場合が多いです。
トイレやバスルームなどの狭いスペースに簡易的なフラットカーテンをかけておき、手入れも簡単にできるようにしておくことが多く、またカーテンを付けづらい場合は窓フィルムを使用するというのもおすすめとなっています。

窓によって変わってくるカーテンの付け方、サイズもまちまちです。
基本的にサイズは一律となっておらず、窓にあわせたサイズのものを購入できますのでイメージに近いサイズ感のカーテンの購入をおすすめいたします。

カーテンの色柄選びのコツとは?

カーテンの色

おしゃれなカーテンを買ってインテリアをより洗練したものにしたい!そういう願望はあるものの、いざカーテンをかけてみるとなんだかカーテンだけ浮いてしまっているような……?そんな感覚に陥る事もあります。
豊富なバリエーションがあるカーテン、いずれも展示をしているときや通販ページがから見た場合とてもマッチしているようにみえるので、そのイメージで購入してしまいがちですが、これが失敗の原因になることが多いです。
販売するためにインテリアがそのカーテンにマッチするように、プロの方がコーディネートしているのでその展示や画像でマッチしてみえるのは当たり前の事、いざ自分の部屋にかけるとなった時あまりマッチしないというのはそのイメージのズレです。
また白背景での撮影をしている場合でも、撮影環境を徹底し、イメージ画像はカーテンがより魅力的に見えるように撮影されているのは当然です。
生活空間は撮影空間ではないので、イメージとカーテンが違う……と感じられる場合があるのは、さまざまな環境のズレからが多いものとなっています。
しかしカーテン選び、たくさんの魅力的な色柄があるのでやはり素敵なものを欲しくなってしまうものです。
そんなカーテンの色柄絵選びのコツはどのようなものになっているのか?これについてご紹介いたします。

まず一番失敗しないとされているのが壁の色にあわせてカーテンを選ぶということです。
基本的に白やオフホワイトの住宅が多くなっている日本ですが、一部アクセントのように違う色の壁や壁紙を貼られた部屋もあります。
そんな壁に調和するような色合いや、柄が入っているようなものを選ぶとすっきりと調和がとれるものとなっています。
この時柄は好きなものを選びやすいときが多く、色合いさえまとめてしまえば比較的浮くことなくしっかりまとまってくれるものとなっています。

壁にあわせると無難なブラウンなどになってしまう、そんなときは家具にあわせてえらぶのもおすすめです。
アースカラー中心の家具の部屋に置いておく場合はアースカラーに、モノトーンの場合はそれにあわせていくと落ち着きますし、またテーマにそって部屋をコーディネートしている場合はそれにあわせていくのをおすすめいたします。
プリンセス風の場合はピンク、この時小花柄やリボンモチーフを用いてもよりテーマが全面に押し出されますので非常におすすめです。
また海外のインテリアをモチーフにしている場合は敢えてカーテンは鮮やかな水色などをもってくるとそれらしく見えます。
エスニックの場合はキナリのカーテンに装飾をお好みでつけていくと、まとまりももたせながらテーマも崩さない、そんないいバランスに持っていけますので、お好みによって揃えていくのをおすすめいたします。
カーテンには機能性とシンプルさをもとめて、あとから装飾をつけていくのも可能、自分達の空間であるインテリアをいまから作り上げていくという場合はあえてシンプルなカーテンをもってくるのも一つの手です。

カーテンはインテリアの主役にもなりますが同時に名脇役にもなれる存在、素敵で部屋の色合いにマッチしやすい柄のカーテンの場合はカーテンを主役にしたり、他にお気に入りの家具がある、または自分の理想に近い柄のものが見つからなかった、そんなときは脇役として引き立たせる存在としてカーテンを置いておくのもおすすめです。
無地のカラーカーテンで遮音性、遮光性、UVカットなどの加工をほどこされているものもあります。
そうしたカーテンを活用したりするのがおすすめです。
インテリアにまだ疎い間は色味だけあわせていく、そこから段々冒険していくのがインテリアコーディネートの楽しみとなっています。
自分のお気に入り空間を作っていくうえで、カーテンの変更もしていき、いずれ理想の部屋作りが出来上がるものとなっています。

カーテンの簡単お手入れ方法について

カーテンのお手入れ

カーテンを購入してから一度も手入れをしていない、そんな人は案外居るものです。
そんなカーテン、お手入れ方法はどうやってしたらいいのか?ここで躓いている人は案外多いものとなっています。
実はカーテンはかなりお手入れが簡単なものとなっており、他の窓際インテリアで挙げられるものはロールスクリーンやブラインドがありますが、この中でダントツでお手入れが簡単なのはカーテンです。
他は専用ブラシなどが必要になり、取り付けも難しかったりしますがカーテンはレールからはずしてそのまま洗濯機にいれるだけ、家庭用洗濯機でも十分洗えるものとなっています。
あんな大きいもの洗濯機にいれて大丈夫?出すとき大変じゃない?という心配もありますが、カーテンは蛇腹状のまま折りたたみ、片方だけ結んでおくとコンパクトなまましっかりお洗濯が可能、また干すときも便利となっています。
干すときのスぺースもカーテンのお手入れが大変に感じる理由になりやすいのですが、カーテンはそのまま元の位置にぶら下げておくだけでOKなので、干す場所もとらないのです。
窓際に干しておくということでしっかり乾きますし、また部屋の中の湿度もあげてくれるのでウイルス対策に気を遣う今、思わぬメリットとなっています。
カーテンは寿命七年ほど、その寿命の間綺麗に使うためにもメンテナンスは必須です。
カーテンのお手入れは本当に簡単で、丸洗いが可能なものが殆どとなっています。
素敵な色柄でお手入れも簡単!というのが特長のカーテンも多く販売されており、それでいてしっかり機能的な加工も施されているものも増えています。
多用な加工があるカーテン、手入れもしやすくよりすみやすい空間を作ってくれますのでしっかり選んでいきたいところです。
花粉を防いだり断熱性をもっていたり、超軽量の完全遮光カーテンなどさまざまなものが販売されています。
きっとイメージに近いカーテンが見つけられますので、この機にインテリアの主役にもなり得るカーテン選びをおすすめいたします。
おうち時間が長い今、インテリアを凝るのも一つの楽しみです。